くれたけ心理相談室では、カウンセリングを以下の規定に則り実施させていただきます。クライエント様には、以下同意の元、カウンセリングをおこなうことを承諾した上でお受けいただきます。クライエント様の利益という観点を第一に決めさせていただきました。

カウンセリングを行う際の規定

カウンセリングについて

・ カウンセリング(心理療法等)は医療行為ではないことをご承知いただきます。もし現在、医療機関で診療を受けている場合には、担当医に必ずご相談の上でご利用いただきます。

・私共カウンセラーは、一つひとつのカウンセリングに最善を尽くして臨ませていただきますが、カウンセリングの効果は利用する時期や心身の状態などのいくつかの要因に影響されるため、個人差があるという事もご了承くださいませ。

※下記のご相談内容については、相談をお断りするケースもあることをご承知くださいませ。

・ 緊急な対応を要するとカウンセラーが判断した場合。
・ 明らかに医療行為が必要と判断させていただいた場合。

場合により、他の機関にご紹介差し上げることもございます。

カウンセリングの中止

次のいずれかの際には、カウンセリングの提供を中断、中止させていただくことがあります。

・ 災害などによる危険への回避が必要な場合。
・ その他、カウンセラーの判断により、クライエント様にとって中断の必要があると判断した場合。

カウンセリングの利用と料金

・カウンセリングの効果という観点から、カウンセラーは基本的にカウンセリングの時間以外で、お会いすること、メール、お電話のやりとりに関しまして、ご遠慮させて頂いております。(くれたけ心理相談室主催のイベント等は例外とします)

・ カウンセリングのキャンセル料につきましては、当日のキャンセルの場合、メニューにかかわらずキャンセル料5,000円、前日キャンセルの場合は 3,000円を請求させていただきます。カウンセラー並びに事務局の準備やスケジュールのリスクとして、ご協力いただければ幸いです。

・カウンセリング料金は医療保険ならびに医療費控除の対象とはなりませんのでご了承ください。

・各サイト内記載の料金に準ずること

利用者のプライバシーの保護

守秘義務にもとづき、利用者のカウンセリング内容は厳守されます。利用者の同意がない限り、他の人に利用者の個人的な情報を知らせることは原則としてありま せん。ただし、以下の項目に該当する場合、利用者や他の人を守るために、適切な人または他の機関に知らせることがあります。

現在利用者がカウンセリングの内容と関係ある相談や治療をほかの機関や医療施設で受けている場合、必要があれば、くれたけ心理相談室および担当カウンセラーが他の機関のカウンセラーや主治医と連絡を取らせていただくことがあります。

守秘義務につきましては、ホームページ上に記載がありますプライバシーポリシーをご理解ください 。

※2020年1月改定