さとう誉子カウンセラー

さとう誉子 プロフィール

くれたけ心理相談室(新宿支部) 心理カウンセラー

さとう誉子   Sato Takako

【資格】
JACC認定臨床心理療法士
JACC認定臨床心理カウンセラー
不安障害認知行動療法研修終了
埼玉犯罪被害者等支援センター心理支援ボランティア
ホームヘルパー2級
アートディレクター(想いをかたちにするグラフィックデザインの仕事)

こんなお気持ちに寄り添わせていただきます

本当の自分がわからない。
恋人、恋愛や職場のこと。
自分の世界を切り拓きたい。進路の迷い。天職を知りたい。
やりたいことがあるけれど、どうも自分だけでは勇気が出ない。
複雑に絡み合った気持ちを整理したい。
過去を癒し希望を見つけたい。
体の不調と心の関係。
道徳、経済、精神バランス。

この想像力や感性を生かすことが私の道

幼少期は、家族以外の人も常に大勢いる家で育ちました。いつも人の気持ちを遠くから感じている子だったように思います。

ランドセルをしょってガラスに写っている自分を見て、「なぜいつも笑っているの?」と思っていた記憶があります。いつも私って何?・・・と感じていたように思います。

30代は、デザインに明け暮れ、過労とプレッシャーでパニック症状を発し、その後、不定愁訴(原因不明の身体の不調)と闘い、心と体の関係には詳しくなりました。

デザインを続けることは、もう体が許してくれない。そう思ったとき、会社が突然閉鎖し、これから何をしていくのか自分の要素を見つめたとき、子供の頃一人で遊んでいた箱庭が浮かび、気づいたら心理学の学校に行っていました。学んで行くうちに、様々な心理療法ワークは、子供の時から自分で自分にやってきワークと同じで懐かしく不思議な気持ちになりました。

カウンセリングの学びを進める中、やってきたデザインも、お気持ちを伺い、顕在意識や潜在意識を読み取り、その想いを表現する仕事だったと気づきました。デザインをやってきた意味が、線となって繋がった瞬間がありました。

また、好きになった人の本当の潜在的な要素に、いつも早く気づいていました。なぜかいつも好きな人の、道徳、経済、精神価値観の領域を癒やし、創造力を引き出し、そのまま成功への道を歩み始めることになる。と同時に道別れになる。私の存在って何なんだろうと葛藤し悲しみました。

悲しみの次は悟りが来ることも感じました。そして、この想像力や感性は生かすことなのだと、私の道も教えていただきました。

起こる出来事はすべて必然なのですね。過去を癒し、自分にもどって、未来をわくわくをデザインしていく。

あなたと共に考えていきたいと想っています。

お心に寄り添い、よりあなたらしい未来を

私のカウンセリングは具体的には、あなたの気持ちに寄り添いながら、問題や悩みをお伺いし、最初に「どうしたいか?どうなりたいか?」を明らかにしていきます。

今わからなくても大丈夫です。そこにあるとらわれを見つけ、過去を癒し、自由になっていくこと、そして忘れていた本当の自分に気づき、まだ知らない未知の自分へと、豊かさを取り戻していくこと、具体的なゴールを作り、それを手に入れるための方法を一緒に考えていきます。そうすることで、症状や悩みの「リバウンドしない根本的な解決」を目指していきます。

「症状」や「悩み」は、「本当の自分になりたい」サインを発しているのです。私は、臨床経験を通じ、人は「ありのままの自分になること」を求めているのだと感じています。

カウンセリングは、非日常の時間の中で、いま話したいことを自由に話し、泣きたいだけ泣いて、時に笑って。何の批判もない、そんな温かさに支えられ、本当の自分を取り戻す場所なのです。どんなことでも気軽に相談することができます。

カウンセリングを受けようか?ということにも悩まれるかと思います。扉をたたく時、それはすでに、あなたらしいよりよい未来の一歩を踏み出しています。

くれたけ心理相談室 新宿支部 さとう誉子

さとう誉子の主なメニュー

・対面カウンセリング(カフェ・訪問等) 12,000円(税抜)
・カップルカウンセリング(夫婦・恋人・親子) 15,000円(税抜)
・通信カウンセリング(スカイプ・電話・LINE等) 10,000円(税抜)

対応エリア

さとうカウンセラー(新宿支部)の主なカウンセリングスペース

ご予約方法

ネット予約 (さとう誉子スケジュール確認)  電話予約 (くれたけ総合窓口)

 新宿 くれたけ心理相談室 公式サイト