野口暢子 プロフィール

野口暢子カウンセラー 名古屋

くれたけ心理相談室(名古屋本部)心理カウンセラー 野口暢子(Nobuko Noguchi)

くれたけ心理相談室(名古屋本部)野口暢子公式サイト

・臨床心理士 ・臨床心理学修士号(CSPP/AIU)
・レジリエンストレーニング認定講師 ・臨床心理カウンセラー(臨床心理カウンセリング協会)
・キャリアカウンセラー(TCC/NPO生涯学習) ・1級交流分析士(日本交流分析協会)
・NLPマスタープラクティショナー

野口暢子の対応メニュー

・ 対面カウンセリング  ・カフェカウンセリング  ・スカイプカウンセリング   ・電話カウンセリング  ・夫婦・カップルカウンセリング  ・親子カウンセリング  ・海外スカイプカウンセリング

About myself~私のこと

野口暢子心理カウンセラー前職は看護師、結婚退職後に1男1女を育てながら大学/大学院で心理学を学ぶ。

2006年より専門学校の看護学科/助産科 非常勤講師(人間関係論/母子の心理・社会学)を務める傍ら、名古屋市内の小児科でカウンセラーとして働いています。

が好き、猫の飼い主歴20年(笑)現在も、3匹の猫と暮らしています。

好きな食べ物は、お好み焼きとたこ焼き、パンケーキ。最近はまっているものは宝塚歌劇。

座右の銘は、「幸せは考えるものではなく、感じるもの」「人は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」

1970年 大分県大分市で生まれる。 (大分上野丘高校卒)
1992年 国立浜松病院附属看護学校卒業 同校の看護師として働く。
1993年 結婚退職・渡米 4年間をアメリカで過ごし、2児の母となる。
1997年 帰国
2005年 立命館大学産業社会学部卒業
2010年 アライアント国際大学CSPP臨床心理大学院卒業
2012年 日本カウンセラー学院修了

カウンセラーになったきっかけ

野口暢子
故という明確な理由もなしに、いつの頃からか自分のことが嫌いでした。

結婚退職して子どもを育てながらも、なんだか生きづらい日々でした。

30歳の時、一念発起して大学生になりました。勉強は楽しく、充実した日々でしたが、頑張っても頑張ってもそれでいいと思えない自分がいました。

大学を卒業後、大学院で心理学を学ぶようになりました。心理学を学ぶことは、自分を知る過程でもありました。何が自分を駆り立てて、何故今の自分をよいと思えないのか、それに気づいて受け入れていく、そのくり返しで、心理学を学ぶことは自分を知る終わらない旅のようでした。

もがいたり逃げたり、自分と向き合うことは決して楽ではありませんでした。ひとつの山を越えても、また次の山がありました。

それでも、ひとつ超える度に、それを成し遂げる自分を好きになります。そして、ちょっとがんばれないときも、それはそれでいいのだと思えます。気がつくと、ありのままの自分が好きになっていました。

分を好きになると、何も特別なことをしていなくても満ち足りた気持ちでいられます。ちょっと失敗してへこんでも、またがんばれる自分が信じられます。

そんな幸せな「こころのひだまり」が、すべてのみなさんの心にありますように。それを探すお手つだいが、私の生涯の仕事かなと思っています。

こころのひだまり~いっしょに探そ?

1 こころのひだまりって何?

こんにちは、カウンセラーの野口です。ひだまり

「こころのひだまりって何??」とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。「こころのひだまり」それは、特に特別な何かを成し遂げたりしていなくても、ただ普段の生活の中で自分のことをなんだかいいなと思ったり、訳はないけど幸せだなとおもったり、そんな瞬間のことです。ありのままの自分のことを、なんだかいいと思える感覚のことです。

「ありのままの自分でいい」言葉にするのはとても簡単ですが、なかなかそう思えないのが現実です。私達は、生まれてからずっと「社会」のなかに生きています。そして、社会で生きていく術を身につける過程の中で、いろんな価値観や信念も身につけていきます。

その中で、価値観や信念は自分や他人をはかる(評価する)物差しともいえますが、その物差しで自分のことも厳しく評価してしまったりします。自分のことがいいなんてちっとも思えない、このままじゃだめだと自分を駆り立てながら、どんどんがんばり続ける。でも、どんなに頑張ってもこれでいいと思えない・・・、いつも人の顔色ばかり気にして自分の気持ちは後回しにしてしまう、嫌われてしまうのが恐くて、NOがいえない。そんなことはありませんか??それは、こころのひだまりを感じにくくなっている状態です。

2 こころのひだまりは、誰にでもある

こころのひだまりは、誰にでもあります。誰だってありのあままの自分でいいと自分が思えればそれでいいのです。誰かにいいと言ってもらわなくても、自分で自分をいいと思えれば、それでいいのです。

ところが、それがなかなか難しいのです。誰かの評価が気になったり、何も言われてないのに言われているような気がしたり、生きていることがいつのまにか苦しくなっていたり、そのことにすら気づかなかったりします。

3 こころのひだまりを、探す

こころのひだまりは、あなたの中にあります。それがどんな感覚なのかは、あなた自身が知っています。ところが、多くの人はそれにひとりで気づくのが難しいのです。自分のことは、時として自分ではよく見えないのです。あなたの、「こころのひだまり」カウンセラーといっしょに探しませんか?

どうやって!?それは、あなた自身を見つめることです。どんな風に育ち、それをどんな風に感じているのか?何が苦しいのか?どうなりたいと思っているのか、今の自分に足りないと思っているのは何なのか?それを、お話ししてみてください。私は、あなたを写す鏡です。あなたの成長は、あなたに対する「気づき」にあります。あなたを駆り立てるもの、あなたを縛る思い込みに気づきましょう。カウンセリングでは、話すこと、気持ちを受け止められること、質問されること、伝え返されることを通してあなたがあなた自身について気づいていきます。こころのひだまりを探すことは、「自分を知る」過程に他なりません。優しく楽しい道ではないかもしれません。すぐには、見つからないかもしれません。これだ、と思った感覚とはまた違ったものがその先に見つかるかもしれません。それでいいのです。ひとは生涯を通して「成長する」生きものだからです。

4 いっしょに探そ?幸せになろ?

どうぞ、カウンセリングに訪れてみてください。そして、自分を探す旅をはじめましょう。あなたの「育ち」を私はずっとみています。ずっと、応援しています。成長したいと思い自分と向き合う人は、みんな美しいのです。もっと自分を知って、自分を好きになりましょう!その過程で見つけるこころのひだまりは、いつもあなたを幸せにしてくれます。どうぞ、あなたのペースで、探しはじめてください。

野口カウンセラー(名古屋本部)のアクセス情報

ご予約方法

ネット予約(カレンダー確認)  電話予約 (くれたけ総合窓口)

全国の心理カウンセラー

ご予約専用ダイヤル(全国総合窓口)0120-03-5905ご予約・変更受付 9:00-21:00(土日祝も承ります)

ネットでご予約・お問合せ24時間365日受け付けております。