心理カウンセラー 島野 浪江(しまのなみえ)のご紹介

島野浪江カウンセラー

島野浪江カウンセラー(くれたけ心理相談室 名古屋本部)
【島野浪江公式サイト】

【資格】精神保健福祉士、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー、オーラライトカラーセラピスト(ファーストコース)、バッチフラワーレメデイーセラピスト(中級コース)、初級ハンドセラピスト、 交流分析カウンセラー、インナーチャイルドセラピスト、介護福祉士、介護支援専門員

【趣味・好きなこと】気功(導引養生功)、太極拳、ハイキング、森林浴、猫のいる公園の散歩など

略歴

1956年に埼玉県の山里に生まれました。高校卒業後、福祉関係の大学進学のために名古屋にきました。名古屋で結婚し、名古屋が第二のふるさとになりました。

一般事務などの仕事をしていましたが、もともと福祉や心理カウンセラーなどの仕事をめざしていたこともあり、40歳頃から介護や精神保健福祉などを学び、障碍者・高齢者の訪問介護、精神障碍者支援センターでの相談員、介護支援専門員(ケアマネ)の仕事に15年くらい携わってきました。

カウンセラーへの道のり

島野浪江カウンセラー(全身)「人生は簡単といえば簡単だし、難しいといえば難しい…」と晩年の祖父が、縁側に座って私に語り掛けるようにつぶやいたことがあります。

私にとって「人生は難しい」と感じた最初の経験は、思春期から青年期だったと思います。そんな大人の入り口での漠然とした悩みのなかで、高校生の頃の私は「学校はつまらない」と思い、登校を拒否していた(今でいうと不登校)時期があります。深い海の入り口でどう泳いでいこうかと戸惑っていた時期でした。

次の経験は思秋期から社会に入った頃でした。女性にとっては特にホルモンのバランスが崩れる時期です。仕事の疲れもあったと思いますが、軽い抗うつ剤を飲んでいた時期もあります。また、離婚歴もあり、単独で登山をし転落して生死の境をさまよった経験もしました。

それらの経験をして、私の「生きづらさ」が、私の思考の在り方にあったのではないかとだんだん気づいてききました。「社会はこうあるべき」「仕事はこうやるべき」「私はこうあるべき」というような思考の在り方は、根性で乗り越えられる時期もありますが、幸せかというとそうでないかもしれません。

そしてなによりも自分ときちんと向き合えていなかった、実は人ともきちんと向き合えていなかったのではないかというところに思いが至り、改めて心理学などを学んできました。

現在、パートナーと二人(+白猫一匹)で暮らしています。そして、「生きづらさ」を抱えている方たちと思いを共有しお役にたてたら幸いだと思っています。自分の経験と障碍者支援や介護支援の仕事の経験、学んできた知識などを活かして、不登校、ひきこもり、仕事のしづらさ・燃え尽き、更年期のこと、障碍者福祉のことや介護のことなど広い範囲で対応させていただきます。

島野浪江の主なメニュー

・対面カウンセリング(名古屋相談室・カフェ・訪問等) 10,000円(税抜)
・カップルカウンセリング(夫婦・恋人・親子) 15,000円(税抜)
・通信カウンセリング(スカイプ・電話・LINE等) 10,000円(税抜)

対応エリア

名古屋相談室を中心に、カフェや訪問によるカウンセリングをご提供しています。カフェ・訪問対応:名古屋市内は交通費無料

ご予約方法

ネット予約(島野浪江カウンセラー専用フォーム)   電話予約(くれたけ総合窓口)

くれたけ心理相談室のカウンセリングについて

ご予約専用ダイヤル(全国総合窓口)0120-03-5905ご予約・変更受付 9:00-21:00(土日祝も承ります)

ネットでご予約・お問合せ24時間365日受け付けております。