「カウンセラーになる」と決めた時のこと(Queston#47)

こんばんは。いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
夏が過ぎたと思ったら、あっという間に朝晩ではひんやりした空気を感じ、秋の香りが漂う季節になりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

10月のカウンセラークエスチョンの1つ目は、「カウンセラーになる」と決めた時のことです。
現在くれたけ心理相談室で活動中のカウンセラー達が、カウンセラーになる決心をした時のことを振り返りました。

 

「カウンセラーになる」と決めた時のこと

()内は在籍エリアです
横地里奈 (南名古屋)
柴田桃子 (安城)
野口暢子 (名古屋)
島野浪江 (名古屋)
門田保子 (広島 鯉城)
山本真理子 (東京 渋谷)
さとう誉子 (東京 新宿)
山口幸恵 (東京 池袋)
竹内嘉浩 (名古屋)
河原弘武 (大阪)
後藤裕子 (名古屋)
平山幸聖 (九州 福岡)
長野美峰 (東京 西新宿)
林加都江 (豊橋)
青柳裕美 (静岡 浜松)

今月のカウンセラークエスチョンはいかがだったでしょうか。同じカウンセラーという職業に至るまでにもさまざまな出会いやきっかけがあるのですね。あなたは今のお仕事を志した時のこと、その時の思いをどのように振り返られますか?
(カウンセラーQuestionバックナンバーはこちら

 

お勧めカウンセラー(名古屋)

横地里奈カウンセラー

※かつては精神年齢80歳を超えると噂されていた横地カウンセラー(名古屋南)ですが、近頃は新婚さんならではの初々しいブログにほっこりさせてくれています。

この記事を書いた人

はやしかつえ心理カウンセラー/事務長
くれたけ心理相談室(豊橋支部)で心理カウンセラーとして、また事務局としても活動しています。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す