人生を変えた一冊(カウンセラーに聞いてみました)#1

人との出会いが、人生を変えるきっかけになります。

そして、人が書いた本との出会いも、
その人の人生を変える、大きなきっかけになったりします。

人生を変えた本

不定期ですが、「カウンセラーに100の質問」というコーナーを作らせていただきました。
今回はその第一弾、「あなたの人生を変えた一冊を教えて下さい」です。

各地域のカウンセラーが、どんな本に影響されたのか。ご興味を持っていただけましたら、本のタイトルをクリックしてみてください。

また、その本に興味を持っていただけたら、是非手にとってお読みいただければと思います。

横地里奈(名古屋南) 野口暢子(名古屋) 竹内嘉浩(名古屋)
人生を変えた一冊(本)は? 1,学校のパンフレット
2,「求めない」加島祥造
1,「純からの贈り物」坂牧俊子
2,「人生という名のレッスン」ダニエル・ゴットリーフ
「22世紀への伝言」小林正観
佐藤公俊(能勢) さとう誉子(新宿) 山口幸恵(池袋)
人生を変えた一冊(本)は? 「不夜城」馳星周 「現代広告の心理技術101」ドルー・エリック・ホイットマン 「雨天決行」残間里江子
神谷伊左代(大阪) 本田磨有子(名古屋) はやしかつえ(豊橋)
人生を変えた一冊(本)は? 「嫌われる勇気」 岸見 一郎/古賀 史健 「最後だとわかっ ていたなら」 ノーマ コーネット マレック 「幸せの流れにのる方法」矢野惣一

次回の「カウンセラーに100の質問」は、「あなたの相談室(エリア)の近くの、おススメレストラン(食堂)は?」です。

この記事を書いた人

竹内 嘉浩くれたけ心理相談室代表/心理カウンセラー/経営コンサルタント
ここに訪れる皆様が、いつも柔らかな笑顔で溢れていらっしゃいますように

コメントを残す