こういう場合も・・・(賀川 真子)

 

現在、私かがわは女性を対象にカウンセリングを行っていますが、

男性を含め、以下のような問い合わせ・カウンセリングもお待ちしています。

 

『彼女(嫁、娘、母、職場や友人)の悩みを聞いてあげて欲しい、

自分には対応法がわからん、気持ちがわからん、

あれこれ手を貸したにもかかわらず、どうしたら良いのか』と、

藁をもすがる思いの方…

ご依頼頂いた方(含む男性)も同席していただいても構いません。

(女性側の了承があってのカウンセリングでお願いいたします)

 

当事者だけでなく、支援する側にも当事者に対する気づきや意識の変化が

見えることがあるからです。

 

なぜなら、当事者対付き添いの方との距離はいつも同じか近い場合が多く、

距離を置いたり、角度を変えてみることを忘れてしまいがちになるからです。

例えば『あの人は、こういう人だから・・・』と片付けてしまっていたとしても、

それはお互いに誤解や早合点に陥ってしまうことがあるからです。

このように、カウンセラーのような第3者や中立に物事をみる立場の者が加わることで、

当事者と支援者との見方が変わるとともに、

温度差が変わることもあり、有効な手段とも言えます。

 

かがわが行うカウンセリングはカフェ・出張(スカイプも可)で行います。

場所は指定させていただくこともありますのでご了承ください。

ご希望があれば貸会議室や個室に近い場所をご用意しますので

お気軽に問い合わせください。

 

☆ここまで読んでいただき、ありがとうございます☆

  【くれたけ岡崎心理相談室 かがわまこ】

 

この記事を書いた人

竹内 嘉浩くれたけ心理相談室代表/心理カウンセラー/経営コンサルタント
ここに訪れる皆様が、いつも柔らかな笑顔で溢れていらっしゃいますように

コメントを残す