カウンセリングを受けるタイミング(竹内嘉浩)

こんにちは、竹内嘉浩です。

一般的にカウンセリングを受けられる多くの方は、精神状態の良くない時に依頼をされる場合が多いです。

皆さんは、「それは当たり前じゃないか」と思われたでしょうか?

私のところには、精神状態の良い時、悪い時に関わらずカウンセリングを受けられる方が比較的多いです。

心持ちを、マイナス(人生においてはマイナスとは思えませんが、例えとして使わせていただきます)からゼロに戻すカウンセリング。プラス10を30に50
に増加させる為のカウンセリングもあります。(コーチングに属する部分もありますが) 体で例えると、病気の回復にリハビリに通う事と、フィットネスクラ
ブに行って健康増進を図る事と似ていますね。

健康な時に体作りがしやすいように、心も良い状態の時の方が、良い精神を作ることが出来るという利点もあります。

いずれにしても、何でも話せる相手がいるという事は、人生において大きな優位性があります。私も身内や知人以外で、何でも話せる人を必ず持つようにしてい
ます。

様々な状態で有効な活用をしていただき、素敵な人生を送る方々が沢山増えると嬉しいです。

この記事を書いた人

竹内 嘉浩くれたけ心理相談室代表/心理カウンセラー/経営コンサルタント
ここに訪れる皆様が、いつも柔らかな笑顔で溢れていらっしゃいますように

コメントを残す